三重片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

離婚をして、では、これから引越しの準備をしていきましょう。

まずは「安心して住める住居」見つけましょうか。

もちろん現在住んでいる住居にそのまま住めるのであれば住むのも良し、他にもお金があれば家を買ってもいいし、賃貸住宅、公営住宅等のアパートやマンションに住むという選択もあります。

どれが正解で、これが必ず正しいというものはないと思います。

自分の生活のしやすさ、安心、仕事、子ども等を考慮に入れて考えてみましょう。

もし気持ちに余裕があるならば、周りの生活環境、特に学校に近い方が便利ですね。

お子さんが就学前の場合あまり気になりませんが、お子さんが小学生となり登下校する時何かと安心です。

新居が決まると不動産会社・大家と契約しましょう。

忘れてはならないのは引っ越し業者の選定・決定です。

でも引っ越しについて費用をあまりかけたくないですよね

頼れる人には存分に頼りましょう。困っているあなたに誰もが協力してくれるはずです。

遠慮せずに頼りきりましょう。

お礼の気持ちは落ち着いてからで十分です。

引っ越しの費用については、業者・時期によってかなり金額が違ってくるようなので、遠方へ引っ越しを考えている方はじっくり吟味したほうがよさそうです。

あと引っ越しをするため、今現在の住居を解約する場合、不動産会社・大家へ申し出ましょう。

これは遅くても退去する1か月以上前には伝えるようにしましょう。

申し出が1か月未満の場合、賃料が発生する場合もあるので気を付けたいところです。

離婚することが決まり、双方とも退去することがあらかじめ分かっている場合は早めに相談すると良いでしょう。

本格的な手続きへ、さぁ何かが変わる気がしてきましたね。

どんどん進めていきましょう。

流れはおおまかに3種類に分かれます。

では、まず文字通り引っ越しのメインである作業にとりかかりましょう。

新居が決まったあなたは、まず不動産会社・大家に退去予定日を告げましたね。

それでは今住んでいる住居を見まわして下さい。

夫婦二人暮らしの方でも結構荷物がありますよね。

その中から不必要なもの(元配偶者へ・処分または実家へ)と必要なもの(新居へ)を分ける必要があります。

もう離婚することが決まっているわけですから、不必要なものは処分等実行に移すか、元配偶者へ任せましょう。

最近はリサイクルショップで売ることも可能です。

また必要なものだけど、今は使わないものは梱包してしまいましょう。

新居の契約を終えたら、引っ越しの日時を決め業者も決めてしまいましょう。

次に電気・ガス・水道・電話等の新規契約・郵便物の転送等も必要です。

少し目途がたってきましたね。

まだこれからですよ。

引っ越し日がはっきり決まったら、その引っ越し予定日の2週間前から転出届を提出することができ、転出証明書が入手できます。

これを持って引っ越し日に管轄の役所へ提出・晴れて転入届が提出できます。

国民健康保険・国民年金の方はこちらも手続きが必要なのでご注意下さい。

また下記の各種変更届に住民票が必要な場合があります。

ついでに何通か入手しておくと便利です。

お子さんがいる方は各種医療・手当また別途手当もありますのであわせて遠慮せず役所へご相談下さいね。

また引っ越し先の保育園・学校については早い段階から相談されることを強くオススメします。

【携帯電話・カード・免許証・車庫証明・自動車保険・自動車名義・パスポート・預貯金名義】も変更が必要です。

何度も引越し前の役所に行きたくないですよね。

提出漏れのないようにやってしまいましょう。